読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

redhatでのネットワーク設定

いつも忘れるのでここにメモしておきます。Red Hat Enterprise Linux ES3でやってますが、Linuxならだいたい同じ?

と設定するとします。

ifcfg-eth0の編集

# ifconfig eth0 inet 192.168.0.1 netmask 255.255.255.0 up

としてやればIPアドレスはとりあえず上がりますが、OSの再起動をするたび消えてしまうので、OS起動時に設定されるようにファイルを編集しておきます。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

以下のように編集

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.1
NETMASK=255.255.255.0
HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX:XX(ここはサーバ毎変わる。編集しない)
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet

networkの編集

デフォルトゲートウェイを設定。

# vi /etc/sysconfig/network

以下のように編集

NETWORKING=yes
HOSTNAME=hoge
GATEWAY=192.168.0.254

resolv.confの編集

DNSサーバを設定しておきます。検証とかでいらないなら不要。

# vi /etc/resolv.conf

以下のように編集

nameserver 192.168.1.1

ネットワーク再起動

上で設定した各種設定をサーバに反映。ネットワークを停止、再起動します。

# service network restart

OSを再起動しなくても反映できる。Solarisには無い機能。便利だなー。
設定間違っているとネットワークが使えなくなるので、コンソールから入るためにマシンルームにダッシュする羽目になります。
シリアルコンソールが使えるようにしておくとこういうとき便利ですがそれについてはまた別途書きます。

ではー。