読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

Haevest(Web漫画、ススメ大魔王より)

新婚旅行日記はアクセス数を稼いでくれないことはよくわかりました。自分の楽しみのために書いているから当然ですけどね。というわけで漫画の感想を久々に書こうと思います。

Haevestという漫画は、Web上で公開されている漫画です。インターネット上に公開されている漫画の呼称は、Webコミックでも石ノ森章太郎の提言したように萬画でも呼び方は別に何でも良いと思いますが、便宜上Web漫画と呼ぶことにしています。

お話はギリシャ神話が元になっているファンタジーです。

  • 世界を創る力を持つ全能の神「ノーノスア」がいる世界
  • ノーノスアが狂ってしまい、世界が滅ぶのを防ぐために戦った戦士達
  • ノーノスアを倒した時に浴びた返り血が原因で戦士達は不老不死となり世界を司る力を持つ

という前提がまずあります。
ノーノスアを倒した戦士の一人であるデール(女性)は、戦いの後、世界に実りを注ぐ力を持った(歩いた後に草が生えたり作物が育ったりする)ため「実りの女神」と呼ばれます。デールとその娘プルセナを中心に物語は進みます。
ノーノスアを倒した後の世界を、神々となった戦士達が運営しています。夜の神になった人、太陽の神になった人、月の神になった人など色々おり、分担して世界を支えています。

ノーノスアという全能の神が狂って死んだ後の世界は何故あるのか、何故ノーノスアは狂ってしまったのか、という問いを抱えて神々は世界を動かしています。

ある時ひょんな事でデールをはじめとした神々が過去をさかのぼります。そこで神になる前のデール達の物語が語られます。どうやって神になっていったのかが語られるわけです。

こういうあらすじです。
で、感想です。このお話は、すべて語られるならば、ギリシャ神話に匹敵する偉大な物語になると思います。

完璧ではない神様たちの物語、神になる前のエピソードで繰り返し語られる、争いの空しさ、争いを仕掛ける人の事情と仕掛けられ襲われる人の事情など、非常に練られています。ちゃんとした大人が本気でテーマを提起して描いている物語だと思います。

作者はススメ大魔王というサイトを公開している大魔王さんです。プロのイラストレータの方で、趣味で漫画を自身のサイトで公開をされているようです。

この作品は話も上述の通り感心したのですが、その前にまず、絵がとても上手いです。フルカラーで、絵の崩れが見受けられず、非常に安定しているのは実力の証拠だと思われます。
主なキャラクターは女の子ですが、流行の萌えをねらった絵では無く、それでいて可愛いです。おっぱいが不必要に出てくるのも個人的に非常にポイントが高いです。

しかし先述したとおり、絵が非常に上手いです。おっぱいが出てもけっしていやらしくありません。上品と言えばいいのか、志が高い故と言えばいいのか判断しかねますが、凄い事だと思います。きれいなんです。

漫画は
http://www.charamuse.net/sagon/haevest/h/Haevest.html
からたどれますが、その他のイラストを見ることも出来ます。絵を実際に見れば、「おっぱいが出てくるけどいやらしくなく凄く絵の上手い漫画」という事がわかっていただけると思います。

素晴らしいWeb漫画を見ると「是非、紙の雑誌に連載をして欲しい」と考えがちですが、Haevestの場合はどうなんでしょう。Haevestはこのペースで続けて、別の漫画で活躍したら、と勝手に期待をしております。

なお、物語は未完です。まだ続いていますが完結は何年後でしょうか。田中芳樹佐藤大輔のファンになったつもりで気長に待つべきでしょう。

公開されているWeb漫画は、荒削りな作品が多くて玉石混淆という言葉が似合う状態だと思っていますが、Haevestはプロの仕事(趣味ですが)だと思います。ではー。