読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

Solaris 10でsh,cshで日本語表示する方法

UNIX

Solaris 10をインストールした際、lang は"C"でインストールしたところ、日本語でコメントを入れたプログラムのソースファイル等をviで開くと日本語が表示されません。

Solaris8ではshの場合

LANG=ja;export LANG

を実行、
cshの場合

setenv LANG ja

で表示できるようになったのですが、solaris 10ではこれだけでは駄目なようです。
ここ見ると「OS標準のviでは日本語使えない」とか書いていてびびりますが、そんな事はないだろう、という事で色々確認してみたところ、環境変数に定義されている

setenv LC_ALL "C"

あるいは

LC_ALL=C
export LC_ALL

があやしかったのでググってみたところどうやらこれらしい

よって.profileと.cshrcに以下の様な修正を実施。

.cshrc

setenv LC_ALL "ja"

.profile

LC_ALL=ja
export LC_ALL


それぞれのファイルを読み込んだシェルにて、無事日本語のファイルをviで読むことが出来ました。さあソースを直そう。
ではー。