読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

SSL/TLSを使ったSMTP/POP負荷試験について その1(イントロダクション)

Linux SMTP POP

仕事で以下のような要件の、パフォーマンス測定をする事になりました。

■試験要件

  • POP over SSLまたはTLSの連続負荷
  • SMTP over SSLまたはTLSの連続負荷

をMTA兼POPサーバに加える

試験対象サーバは
Redhat Enterprise Linux(RHEL)がインストールされたIBM BladeCenter HS20

試験環境には

  • 上記と同スペックのHS20×数台
  • Solaris 10がインストールされたSunFire T2000×数台

がある(豪勢ですね)



ここで問題になったのが負荷の加え方です。手持ちのSMTPおよびPOPツール(perl使いの同僚が作ったスクリプト)ではSSL/TLSが使えないので、探すか作るしかありません。作るのは是非やりたいですが、時間も無いのでネットで検索したり職場の人に相談したところ、

「postal」というSTARTTLSをサポートするSMTP負荷ツールを教えてもらい、なおかつSolaris用パッケージも貰いました。動作も確認できたのでSMTPはこれでOKです。

さてPOPはどうしようかと思ったのですが、POSTALにはPOP用負荷ツール「rabid」が同梱されています。マニュアルを見るとSSL/TLSを使用できる-sオプションなるものがありました。やった!と思って最後まで読んだら、

BUGS
     Doesn't actually do SSL or IMAP yet.

と「実際にはまだSSLIMAPは使えません」という文字列が。紛らわしい!

という訳でPOPでSSL/TLSを使用できるツールを探すことにしたのですが、そもそもPOP負荷ツール自体があまりありません*1。困ってしまいました。
しかし、探している途中で見つけた2chのLinux板の「こんなソフト無いですか? in Linux板」に書いてあったSourceForge.JPにて、「Perdition」というPOP3/IMAP4プロキシを見つけました。これを使うと、クライアント側はPOP3で接続して、プロキシ経由でTLSにてPOPサーバに接続できるとの事なので、これまで使っていたPOP負荷ツールがそのまま使えそうです。これは良い!

という事でperditionを導入してみることにしましたが、導入にあたり軽く二日ほど悩みました。そこらへんの苦労は次回に書きたいと思います。

ではー。

*1:もちろん有償のアプライアンス装置ならたくさん出てきますが予算はないので却下です