読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

政治への関心について

ちょっと

 私は東京都府中市に住んでいますが、選挙の時期に気になった事があります。
国政選挙

市議会議員選挙
では、市民の注目度が全然違うのです。前者の選挙の際のポスターに対しては冷ややかですが、後者については非常に熱い視線が注がれます。駅前の掲示ポスター前では、各候補者のポスターの前に立ち止まり凝視している中高年をしばしば見かけます。

 府中市に長く住んでいる奥さんやそのご家族、近所の人の話を聞いてみると、理由は「市議会議員は自分達の要望をダイレクトに反映してくれるから」という事のようです。


 たとえば府中市には「ちゅうバス」というコミュニティバスが走っているのですが、自分の家の近所に路線が出来ていないと市議会議員に要望を出すと、新しい路線を作る際に考慮するよう議員が働きかけてくれるそうです。実際、「ちゅうバス」の新しい路線がその後、出来ています(要望が通ったのかはわかりませんが)。
また、ある企業のビルが建つ計画が持ち上がった際、周囲の日照権を侵害しないよう要望を挙げると働きかけて、高さや位置といった建築計画が見直された事例があるそうです。


 その他、家の前の道路にミラーを設置したり、住宅地が新しく造成されて交通量が増えるため道路拡張を働きかけるなど、細々とした要望を挙げると動いてくれるようです。JR南武線の新駅が出来たのも地元市議会議員の働きかけがあったと思います。実際、議員を輩出している町内とそれ以外の町内では行政サービスの充実さに差があるようにみえます。

 面白いのは市議会議員が自民党だとか公明党だとか民主党といったどこの政党か、という事ではなく、「いかに自分達の町内に利益をもたらすか」で選ばれているように見える事です。大体にして市会議員の公約は、「〜町にちゅうバス路線を実現」とか「西武多摩川線を〜町まで延伸」とか「〜町に保育園を新設」というように、非常に具体的で市民(というかその町内の人)に直結する事ばかりです。*1

 Wikipediaによると間接民主制「自らの権力の行使をその代表者に信託することで、間接的に政治に参加しその意思を反映させる」事であり、市議会議員選挙ではまさにその通りの事が起きているのだと思えます。

 一方国会議員ですが、府中市は東京都第18区です。ここからは民主党菅直人が出ていますが、彼が東京第18区に利益を何かもたらしたのかというと、まったく実感がありません*2
また、私が大学在籍中に暮らした北海道室蘭市が含まれる、北海道第9区から毎回選出されている民主党鳩山由紀夫室蘭市に何か利益をもたらしていた(いる)のかは実感が全くなく、行政サービスは気が利かず街はさびれていく一方でした*3



 というわけで、自民党と民主党で二大政党時代がやってくるとか言われていますが私にとってどちらを選択すべきかという決め手は現状全くありません。自民党が不甲斐無いから民主党に一回やらせてみるか、という流れになりそうですが積極的な支持とは思えません。



個人的には麻生首相が好きなので複雑です。定額給付金や舌禍はともかく、とにかく週刊漫画雑誌をほぼ全部毎週読んでいる、タケカワユキヒデみたいな人が内閣総理大臣というのは素敵だと思います。だからといってこのままで良いかというと良くないと思います。しかし民主党は全然、対抗となるにふさわしいような良い要素が見えません。「自民党に入れなかった人たちの集まり」みたいな?だからできれば、この二つ以外の政党に投票したいです。で、それが無いんですよねー。共産党はもうちょっと様子をみたいです。社民党は存在感が全くありません。



 また、市民は政治に関心が無いと新聞、テレビで言われておりますが市議会レベルで見るとそのような事はなく、むしろギラギラするほど関心があるように思われます。
国全体の政治に関する選挙なのだから、という原則は理解しているつもりです。しかし実際問題として、何か良い事があるとわからなければ、なかなか人は動かないと思います。

 例えば個人的には「満員電車を無くす(ついでに痴漢被害と冤罪もなくなると思われる)」と「北海道内の雇用を創出する」という政策を掲げて実行する政党があったら投票したいと思います。なんか春に選挙あるかもなので、ちょっと頑張ってそういう観点で色々な候補の公約を見てみたいと思います。

ではー。

*1:前々回の統一地方選挙で「自衛隊のイラク派兵反対」を主な公約にしていた人は落選していました。市議会でそんな事言っても仕方ないと思います

*2:私が実感ないだけで全く無い事は無いとは思いますが

*3:ただし場違いなほど立派な市立室蘭総合病院がありますから、これはもしかしたらそうかもしれません。市立小樽病院もこうなっていたら良いのになあ