読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

昔の日記を読み返しました

ふとネット検索をしたら、ホームページに書いてある昔の自分の日記がヒットしたのでしばし読んでしまいました。いやあ面白いですね。
昔の自分はこんな事考えていたなあ、思いついたらすぐ書いていたなあと思いました。それだけ暇だったということもあるかもしれませんが。

そして、今となっては非常に恥ずかしい事ですが、当時は「こんな面白い事を書いているやつは他にいないだろう」くらいの気持ちで日記を書いていました。

が、今どきのmixiやブログでみかける大学生や20代のサラリーマンの日記の、書いてある筆者の感じた事や感想、生活や行動は自分と大して変わらないなあと今は思います。「自分だけの特別な体験や感想」というのはそんなになく、自分は別に特別な人間である訳ではない、としみじみ思います。ガンダムでいうところのRX-78ガンダムに乗るエースパイロット、アムロ・レイではなく、「シャアが来る」でシャアに倒されてしまうジム*1に乗る、無名の連邦軍パイロットなのですよ。

たぶん、特別な人間になりたいのなら、特別な体験をしないと駄目なんでしょう。それは一体何か。ビジネスで成功する、宝くじ一等を当てる、海外で生活をする、政治家になる、人の多い大通りでナイフを振り回す、とかでしょうか(最後のは論外ですが)。このような体験をしたら、面白い日記が書けそうな気がします。

と、久しぶりに問わず語りな日記を書いてみました。

あと「シャアが来る」というのはこういう歌です。ピコピコ音、シャウト音量のダイナミクス(大きくなったり小さくなったり)、シャアシャア連呼している歌詞、ハイレベルなバック演奏など見所がたくさんある歌です。
http://www.youtube.com/watch?v=d1rbphVNm8o

シャアザクがすいすいとジムを撃破しているときに、この歌詞のようなドラマが発生しているんだなあ、と思いを馳せると初代ガンダムがより楽しめると思います。

ではー。

*1:ジムであるとは明言されていないのですが自分のイメージではジムなのです。そしてシャアはシャア専用ザク