読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

viエディタで改行を削除する

Linux UNIX

仕事でSolarisLinuxに触れる場合、テキストファイルを編集するエディタはもっぱらviエディタです。エディタにも色々あるでしょうが、お客様に納入するサーバや、現地で始めて触るサーバなど、インストールされているソフトの状況が不明である場合でも、必ずといっていいほどインストールされているのはやはりviエディタですから。

おかげでEmacsにはぜんぜん触れておらず、いまだに終了の仕方がわからなくなるときがありますが・・・。

さて、そんなわけで長年使用しているviエディタですが、下の行を上の行にくっつける(改行の削除)の方法が最近までわかりませんでした。どういうことかというと、たとえば

とにかくもう学校や家には
帰りたくない

というような二行の文章を、

とにかくもう学校や家には帰りたくない

とする事を指します。

Windowsの場合、Wordやメモ帳、人によっては秀丸エディタサクラエディタなどで改行部分でキーボードのBACKSPACEまたはDELETEを押せば済む話ですが、viエディタはそのような直感的なインターフェースではないので同じ仕方ではできません。

で、今までどうしていたかというと、

  • 移動元の行のテキストをコピーして移動先にペースト
  • 移動元の行を削除

という、非常に頭が悪いやり方をしていました。まあviエディタで長文の日本語を入力することはあまりなく、ソフトの設定ファイル編集など比較的入力内容が少ない作業しかしないから「解決しないととても困る」レベルにはなっていなかったのです。でもすっきりしないですよね。

が、ついにやり方がわかりました。それは、

コマンドモード(ESCキー押したらなるやつ)でカーソルを行末に移動させて「J」(大文字)キー押下

です。これでカーソル合わせた行の改行が削除されてその下の行がくっつきます。覚えておこう。

ではー。