読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

JCDA合唱の祭典2008 第9回北とぴあ合唱フェスティバル(2008年6月8日、於:北とぴあさくらホール)

合唱

先日の日曜日、6月8日に開催された第9回北とぴあ合唱フェスティバルに、混声合唱団「麗鳴」で出演してきました。

今年も三日間のイベントだったのですが、麗鳴が出演したのは16:00からの「日本の音を聴く 〜日本の民族的な素材を使用した楽曲を集めて〜」というコンサートの第二部でした。

演奏したのは
作曲:瑞慶覧尚子
沖縄のうたによる混声合唱組曲「うっさくわったい」より、

  • 上り口説
  • 月ぬ美しゃ
  • なり山あやぐ
  • 谷茶前

の計4曲です。

以下、演奏やイベントについての感想です。

まず、一曲目「上り口説」の男声がやばかったです。ハモっているイメージを掴めませんでした。二曲目以降はなんとか落ち着いて出来たと思えましたが、テナーのメンバーはむしろ「月ぬ美しゃ」と「なり山あやぐ」の方がやばかったと言っていました。
「谷茶前」は沖縄の浜辺で大漁に沸く人たちを描いている歌で、男声は網を引く振り付けをしたのですが、それだけは直前練習で何回もやったのでまあ良かったかと。しかし肝心の演奏が・・・。後から発売されるCDを聞いてみたいところです。

今回演奏に満足が行かなかった原因としては、練習不足が一番かと。私個人で言えば演奏については本番前には「これくらいでいいかな」と思っていたのですが、全然そんな事ありませんでした。かなり反省です。

あと、本番とリハーサルの時間が空いてしまった事も挙げられます。北とぴあのあるJR王子駅前には素敵な練習場所があるので、TVECやこれまでのように、本番前一時間くらい確保しておけば良かったなあと今更ながら反省です。

また、今回は作曲者の瑞慶覧先生にお越し頂き演奏を聴いていただきました。打ち上げにも来ていただき色々お話をしていただいたのですが、物腰が普通で非常に好印象でした。「谷茶前」の振り付けについても身振りを交えて「もっとこう、ぐわーっと網を引いた方がいいですね!」とか教えていただけました。

まだ演奏機会のある曲なので、是非今後さらに良い演奏をするように努力したいと思います。

麗鳴の後には松下耕先生の指揮する「東京レディースコンソート"さやか"」が演奏しましたが物凄くうまかった。全日本合唱コンクール金賞クラスかもとか思ってしまいました。麗鳴の演奏の残念さが浮き彫りに。少々悔しいです。

それから今回の合唱フェスティバルの目玉は、「合唱のためのコンポジション」で世界的に有名な間宮芳生先生による講習会です。空き時間に参加し、初めて間宮先生を見かけました。曲からしてどんな難解な解説をするかと思っていたのですが、非常に判りやすく話していただけました。
講習会の中で、間宮先生が指揮して静岡児童合唱団という児童合唱団が歌を歌ったのですが、もの凄い声でした日本的というのか、普通の合唱団の西洋の発声とは違う感じです。市の合唱祭に出てくる小学校の合同合唱団とかとは明らかに声が違います。先生曰く「西洋の発声覚えた大人はこういうの下手だけど子供たちはすぐ出来ちゃう。」との事でした。

で、最後に間宮先生が作曲したある小学校の校歌を演奏したのですが、これが素晴らしかったです。ピアノが美しく、子供が素直に歌える旋律で、「間宮作品でこういうのもあるのかー」と思ってしまいました。
間宮先生は八十歳近くで、年齢からして生で話を聞ける機会ないかもと考えていたのですが、見る限り凄い元気だったので、また話を聞く機会がありそうです。また是非お聞きしたいものだと思いました。何か遠くから見ていると立川談志みたいな風貌だなあと思ってしまいました。



それからプログラムがすべて終了した後、今年も麗鳴の男声は申し出てステージの後片付けを行いました。このイベントはステージ設営や片付け含めてすべて、JCDA所属の合唱指揮者の先生方がやっていますが人手が足りなさそうだったので。
またまた古橋富士雄先生や清水敬一先生といった凄いメンバーと一緒にステージ後片付けをしてしまいました。
でも、麗鳴男声いなかったから大変だったと思うので、府中市や他のとこでも良くある合唱祭のごとく、事前に出演団体に声かけしたら良いのになあと思いました。

あとは小ネタです。

  • 遅めの昼食に行く途中、北とぴあ近くのケンタッキーに向かう松下耕先生を見た。
  • 打ち上げを北とぴあ近くの居酒屋で開催。瑞慶覧先生も参加された。私は例によって酒に呑まれた。
  • 席が近くになった団員のMさん(主婦の方)と話した。曰く「ボイトレやったら麗鳴は絶対良くなるからやりたい。それで団費上がっても私は構わない。」麗鳴にかける熱さに感激した。ボイトレやりたいですなあ。
  • 千原英喜先生を会場内で見掛けたバリトンのTさんが興奮していた。

以上です。ではー。