読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

最近創刊したイカす漫画雑誌(Fellows!とgood!アフタヌーン)

漫画

先月は色々あって金欠だったので全く漫画をマークしていなかった(むしろお金を使わないように敢えて避けていた)のですが、今月に入ってから久々に本屋に寄ったところ、かなりイカす雑誌が二つ、創刊されている事を知り購入しました。
まず、コミックビームの特別編集企画本(いわゆる増刊)である、「Fellows!」です。

Fellows! 2008-OCTOBER volume 1 (BEAM COMIX)

Fellows! 2008-OCTOBER volume 1 (BEAM COMIX)


森薫の新作が載っているのと、入江亜季雁須磨子が描いているという事で迷わず購入しました。表紙の良い紙使いっぷりと、続き物一切無しのオール新作新連載という、後先考えていないような意欲的な作品が沢山載っておりました。コミックビーム編集長の奥村勝彦氏が体現している、漫画に対するエンターブレイン漫画出版部門の熱い思いが伝わる雑誌だと思いました。
でもちゃんと続きが出るのか心配です。こんな豪華な本、定期的に刊行できるのかしら。ユーザーが買い支えんとね。
とりあえず森薫の新連載は良かったです。他は評価保留です。ジャンプスクエアよりよっぽど面白かったので今後に期待。次も買うぞー。

そして、アフタヌーンの増刊である「good!アフタヌーン」です。

good (グッド) ! アフタヌーン 2008年 12月号 [雑誌]

good (グッド) ! アフタヌーン 2008年 12月号 [雑誌]


こちらも「もやしもん」でちょう有名人になった石川雅之の新連載、「地雷震」の復活など話題作が一杯です。個人的には麻生みことの漫画があるのがとても良かったです。これだけでも買う意義があるといえます。新作の新連載も多数で大変期待できます。こういうアフタヌーンを待っていました。でもフィギュアはいらなかったです。無い分値下げした版も出して欲しいです。
しかしこちらもジャンプスクエアより(以下略)。次も買うぞー。

巷で全く評判になっていないですがこの二冊は大変イカします。週刊雑誌には見られないこれらの月刊漫画の系譜こそ大事にしないといけないと思います。世界に誇る日本の漫画文化があるとしたら、その最高峰の一つはこれらの近くにあると勝手に思っております。

ではー。