部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

第18回東京男声合唱フェスティバル(2018年11月10日、於:浜離宮朝日ホール)

先日の土曜日、11月10日に開催された第18回東京男声合唱フェスティバル(男フェス)に、かながわフリーダム・シンガーズにて出演してきました。

自身の演奏について

今回演奏した曲は以下の2曲です。

  1. りんごよ(無伴奏男声合唱曲集『じゆびれえしょん』より、作詩:山村暮鳥、作曲:信長貴富)
  2. Wedding Qawwali(作詩、作曲:A.R.Rahman、編曲:Ethan Sperry)

「りんごよ」は今年の神奈川県合唱コンクールに出演した際に自由曲として演奏した曲です。コンクールの結果が賞無しと振るわなかった事から、「追試」のつもりでもう一回本番に上げよう!と提案して演奏することになりました。
出演者に配られる録音CDを聴いた限りでは、コンクールで上手くいっていなかったところに若干改善が見られたので良かったのではないかと思います(逆に悪くなったところもありましたが・・・)。コンクールの仇を少しは討てたかも。これで次に進む事ができます。

「Wedding Qawwali」は以前ブログで取り上げたこともある曲ですが、地道に合唱団の中で提案していたところ今回、採用されました。

bata64.hatenablog.jp


この曲を演奏するにあたり大変なのは、「optional」とあるものの、ギターとパーカッション(楽譜にはジャンベとタンバリンと書いているが、今回はカホン)をどうするか?という事でしたが幸いにして団員のお知り合いに演奏者の方がいたのでお願いする事が出来ました。
ちなみにもう一つ大変だったのはテキストがパンジャーブ語である事でしたが、これは出版社からネイティブスピーカーがしゃべっているmp3ファイルが提供されていたし、Youtubeで沢山参考演奏があったのでなんとかなりました。たとえばこれ。

www.youtube.com


さて、取り上げてはみたものの、練習ではあまり楽しい感じをなかなか得られなかったのですが、浜離宮ホールのリハーサル室での直前リハーサルでとても良い響きが感じられて、団員一同「おっ良い曲じゃねえのこれ」みたいな感じになり、本番はさらに良い音響の中演奏する事ができ、大変満足しました。

もともと男声合唱曲のレパートリーといったら「音楽之友社とカワイ出版の楽譜から木下牧子信長貴富、千原英喜の曲のどれか」みたいな選択肢になっている(偏見です)のにウンザリしつつ、じゃあ他に素敵な曲はないものかとYoutubeを眺めていたら見つけたのがきっかけでした。音楽的に複雑な事、文学的なアプローチで歌詞を解釈、とかそういうのは無しで「ギターとパーカッションとセッションしながらかっこいい曲を歌う」事に全力で楽しめたのがとてもよかったと思いました。合唱曲の演奏というよりは、ライブで演奏した気分です。
表現しづらいですが「こういう感じ」を楽しめるような曲を演奏しつつ、従来の合唱曲も演奏すると「表現の幅が広い合唱団ぽさ」をアピールできて良いんではないでしょうか我が団的には。
コンクールで満足できなかった事を男フェスで満足でき、とてもよかったです。

なお、後述する人気投票結果のベスト20には入りませんでしたが、後日東京都合唱連盟からメールをいただき、

団体投票:17位
観客投票:32位
総合で31位

との事でした。

他団体の演奏について

今回、高嶋昌二先生指揮の公募合唱団に参加し、公募合唱団の出番は一番最後という事もあり、出番を待つ間に多くの他団体の演奏を聴きました。その中で印象に残った団体や物事を箇条書きで書いておきます。

増田順平先生指揮の「CHOR"C・E・G"」

日本合唱界の歴史の生き証人でおられる増田順平先生も、普通に男フェスに参加していました。
ソロを歌う人がヘッドセットマイクを付けていましたが、ハンドマイクではだめだったのだろうか。

首都大学東京グリークラブ

2008年の男フェスでは団員が5名しかおらず2部合唱で指揮の金川明裕先生がタンバリンを叩いていた団体でしたが、数年前に全日本合唱コンクール出場を果たし今や強豪団体です。30名弱の合唱団になっている事が感慨深かったです。

参考:
bata64.hatenablog.jp

ヴォーカルアンサンブル未生

キングスシンガース編曲版「BlackBird」を演奏していましたが、ファルセットのテナーパートはかなり苦しかったです。実声ではいかんかったのでしょうか。神奈川県合唱コンクールにてかつてはかながわフリーダム・シンガーズと競ったり競わなかったりした合唱団ですが、双方とも団員不足に苦しんでいる感があります。

男声合唱団コール・ヴァフナ

バルトークの合唱曲を難なく演奏しており、この日聴けた団体の中でも有数の実力を持っていると思いました。が、人気投票で順位が決まる性質上、バルトークでは人気投票は弱かったでしょうか。

面白演出は思い切りやらないといけない

「Belle Equipe」吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」を演奏したり「7月の風」西城秀樹の曲を演奏したりしていましたが、演出面での踏み込みが足らずバカウケにはなりませんでした。面白いことをやるときには、徹底的に面白くやらなければいけないという事です。かの有名な「ノンデザイナーズ・デザインブック」にて「フォントを太くしたりコントラストを付けるときには臆病になるな」と書いているのと同じことです。
これは、面白演出を身上にしているかながわフリーダム・シンガーズとしても他山の石としたいと思います。

バーバーショップやる団体多かった

若手でやっている団体が結構いた印象です。流行っているのでしょうか。

「酒頌」歌う団体多すぎ問題

と思ったけど、プログラム記載の数を数えたら3団体でした。そうでもなかった。

トンペイ・メモリアルズ18

個人的にはここが今回のベストアクトでした。多田武彦作品を高精度で、かつ情緒と迫力を持って歌っていました。男声合唱にガツンとしたものを求めたい、古い新日本プロレスファンみたいな私としてはとてもしびれました。なので団体投票で11位という結果は気に入りません。みんな耳腐ってんのか(暴言)?

Speranza Oriente

4人(!)で木下牧子「秋の夕」(!!)という超難曲をさらっと歌っていた技量の高さに戦慄しました。なにこの人たち・・・。

Mu Project

なんかゴスペラーズみたいな曲歌ってる!!かっこいい!!と思いましたがback numberの「瞬き」でした。

www.youtube.com


この日の出演団体で唯一、現在の音楽シーンをキャッチアップしようとしていた*1団体で、かつ上手だったので、ここかトンペイ・メモリアル18が人気投票1位を競うだろう、と思っていたのに・・・。みんな耳腐ってるのか(不適切な発言)?

以上です。久々に合唱関係で長文を書きました。
以下は、そのうち東京都合唱連盟のサイトから消えてしまうと思ったので控えた人気投票結果です。

人気投票結果(ベスト20まで)

総合順位 団体順位 観客順位 団体名 総得点
1 1 2 インターカレッジ男声合唱団 Voces Veritas 84
2 6 3 La bella patria 51
3 11 1 トンペイ・メモリアルズ18 50
4 2 4 Speranza Oriente 49
5 2 6 大東京youngsters 48
6 4 12 首都大学東京グリークラブ 36
7 4 20 男声合唱団「タダタケを歌う会」 30
8 17 4 Actinia 29
9 17 6 東京バーバーズ 28
9 6 14 Sentirusi Eccitato 28
9 17 6 Mu Project 28
12 17 9 男声合唱団シンサーンズ 25
13 17 11 桐蔭学園中学校・高等学校グリークラブ 24
14 6 32 Orpheus Singers 21
14 17 12 国立四工大OB男声合唱 21
16 37 9 はまだグリークラブ 20
17 6 38 Ensemble coup de coeur 19
17 11 22 Belle Equipe 19
17 11 22 The Lockers 19

では。

*1:もっとも合唱に足らない要素

海外サイトで合唱楽譜を購入しました

Youtubeでグッと来た合唱曲を見つけ、自分でも演奏してみたいので楽譜が販売されていないか調べてみたところ、紆余曲折ありましたが購入する事が出来ました。

グッと来た合唱曲とその演奏

tango with god(Ysaye Barnwell)
www.youtube.com



他の曲の演奏で知った、この「Cantus」というグループは少人数ながらとても演奏が上手いです。CDもリリースしている模様。Amazonで売っています。iTunesで音源も買える模様。

楽譜の探索

Google検索にて曲名や作者名で検索したところ、以下のサイトで楽譜を販売している事が分かりました。デフォルトだとオランダ語表記なので読みづらくて困りましたが、英語表記に切り替えられるようになっていたので助かりました。
ちなみに「tango with god」というキーワードでGoogle検索してもそれぞれの単語についての検索結果が多数出てきます。英文の検索を効率よく行う方法とか欧米だと確立されているのかなあとふと思いました。

http://composerswork.com/

ユーザー登録

こちらのサイトで買い物をするにはまず、ユーザー登録が必要のようなので画面に従い登録を試みました。
登録にあたっての必須項目として「 Company ID」と「Tax ID」というものがあり、海外だとポピュラーらしいのですが日本ではこれに該当するものがマイナンバーだったりするらしく登録したくないなー、と考えこれらの項目を空白にして処理を進めたところ、必須項目と書いているのに空白でも問題なく登録が完了しました。ユルい。

ショッピング

男声合唱版「Tango with god」をカートに入れ、決済を行いました。決済方法はペイパルが選べたのでそれにしました。
ちなみに該当の楽譜のページに行くと作者の写真が大きめに表示されますが、なかなか強烈です。

http://componistenwerk.nl/index.php?route=product/product&product_id=259

商品を入手できない

楽譜はPDF版であり、決済が済めばダウンロードできるようになる旨書いてありログイン後には「Downloads」というリンクがあるのでそこからダウンロードできるのかと思っていたのですが、いつまでたっても「Downloads」には「You have not made any previous downloadable orders!」としか表示されません。平日にして3日ほど待って状況がかわらないので、問い合わせフォームから「ペイパルで決裁したのに楽譜ダウンロードできないけど、どうやったら購入した楽譜を手に入れることが出来ますか?明細は以下の通りです」というメールを送りました。なお、英文はGoogle翻訳で作りました。Google翻訳は数年前から非常に使いやすくなって重宝しています。

返事が来た

先方から「ごめんなさい!A.S.A.Pで準備するから待ってて!!」という英文の返事が来ました。オランダ人もA.S.A.Pを使うんだなあと感心しました。

楽譜が届いた

その後、サイト経由ではなくメール添付で楽譜のPDFファイルが届きました。
おそらく個人がやっているので、あまりサイト管理が自動で出来ていないのかもしれません。
もしかしたら発注から商品を渡す納期も本来はもっと遅かったのかもしれません。次に購入する機会があったら事前に確認しておこうかと思います。
ちなみにPDFファイルは編集可能な状態で届いたので、おそらくマスターのファイルなのではないかと思われます・・・。

という事で楽譜を手に入れるプロセスを楽しむことが出来ました。入手にあたりこのようななかなか込み入ったプロセスが必要な商品なので、国内で持っている人は少ない(ゼロかも?)と思うとちょっと得意げになれます。

しばらく読んでみた後、所属している合唱団に紹介、演奏の提案をしてみたいと思います。

では。

近況

仕事まで間があるので、30分一本勝負的に近況を箇条書きで書いてみます。

  • 仕事が辛くて心療内科に通った
  • 仕事が辛い状態において同僚に色々な事が起きてサラリーマンの儚さを感じた
  • 仕事が辛い状態における我が社のプロジェクト管理手法の古さに驚いた
  • 一人の時間が無いとつらい事を再確認した
  • 加齢の為かブログのネタを思いついてもすぐ忘れてしまう
  • 知人が病気になったり亡くなったりした
  • 合唱活動はストレス解消になるが合唱団の運営はストレスが溜まる事を再確認した
  • Google検索をしても最近は該当キーワードが書かれた広告収入目的と思われる変なブログばかり表示されて、「観たくなくなった民放テレビと同じような感じにネットがなってどうする」と非常にがっかりした

参考:
mizchi.hatenablog.com

  • 買ったけどあまり読んでいなかった漫画を子供たちが発掘して楽しく読んでいるのを見て自分も読んで「この漫画おもしれーな」と再確認した

  • 「泣ける妖怪ウオッチ」と帯に書いてある妖怪ウォッチの漫画を買って読んだ時には別に泣かなかったが、最近読み返したらグッと来た

最近読み返したらグッと来た妖怪ウォッチの漫画

  • 徳弘正也もっこり半兵衛」が非常に面白かったのだが作者あとがきでかなり生活的にシビアな状況に作者が陥っていることが見受けられショックを受けた

もっこり半兵衛 1/徳弘 正也 | 集英社コミック公式 S-MANGA

www.sukima.me

では。

セブンティウイザン(タイム涼介、新潮社)

セブンティウイザン 1 (BUNCH COMICS)

セブンティウイザン 1 (BUNCH COMICS)

以前、新潮社の「くらげバンチ」というWeb漫画サイトで連載されていたのを偶然読み、面白かったので購入をしたものです。

現在はこちらの「コミックバンチWeb」というサイトで一部読むことが出来ます。今日見てみたところ、2018年6月で完結しているようです。単行本派としては読むべきか悩むところです・・・。
www.comicbunch.com

http://www.comicbunch.com/manga/thu/seventy/

その日、江月朝一(65歳)は定年退職を迎えた。 家に帰ると妻、夕子(70歳)から信じられない事実を告げられる。
「私、妊娠しました」
終活。そんな言葉もよぎる夫婦が、突然授かった大きすぎる未来。
これから二人の毎日は、すべてが初体験だ。

という事で、70歳で初産とかありえないだろうと思ってしまうのですが、妊娠した妻の夕子産む決意を固めており、朝一は戸惑いながらも子供を迎えるべく準備をしながら、これまでの人生を振り返ります。

人間関係が煩わしく、妻以外の人との交流がほとんど無いまま定年を迎えた朝一が、子供が出来たことによって地域や近所の人と否応なしに接する機会が増え、助け合うありがたさを感じるというところは自分にも心当たりがあってとても良かったです。
また、1巻の最後に二人の子供「みらい」が産まれるのですが、朝一と夕子が出会うなれそめ、出会う前の二人の来し方が時間を逆行して描かれ、そして子供が産まれるところで現在に帰結する流れは感動しました。
1巻だけで映画やドラマにできるのではないかと思いました。

が、2巻以降は朝一と夕子が高齢夫婦である、という事はあまり関係のない子育て漫画になっている気がしなくもないのですが、そこはタイム涼介なのでこれまでの作品のようにどんな事が起こるのか分からないとも思われます。
4巻でみらいちゃんは保育園に入りましたが、みらいちゃんが成人するころに朝一と夕子はどうなっているのか(年齢的に)、要注目な作品だと思います。

では。

忙殺されていました

超久々にはてなブログに書いております。昨年の後半から先月くらいまで、10年ぶりくらいの大変厳しいお仕事に従事する事になったため全くブログを書く余裕が・・・とか思いましたが、その前から書いていないことに気づきました。
ともあれ久しぶりにブログを書いています。前回にブログエントリを書いた2017年5月以降、あまりにもたくさんの出来事がありとても書ききれないのですが、とりあえず今思う事を書いてみます。

まず、大変なお仕事に従事してひと段落着いて、内容はもちろん言えないのですが、一つだけ言えるのは「技術的なチャレンジは無かった」という事です。これまでのお仕事では知っている分野、知らない分野だとしてもチャレンジする物事が有り、何等か得る物があったのですが、今回は全くありませんでした。そして非常に気がかりなのは、今後も同じような技術的チャレンジの無いお仕事しか無かったらどうしよう、という事です。
あーつまんねーと思いながら忙殺されるというのは、なんというか、「あーつまんねー」としか言いようがありません。入社してこの15年間そんな事は全く無かったのは運が良かったという事のなのか・・・。

そんな事を考えつつ、昨年は勤続15年という事で記念に超高級キーボードこと「HHKB Professional BT」を買いました。

http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/bt/

これは大変良いもので、職場で使っていると色々な人から「良いの持ってますね」と言われてちょっといい気分になれます。自宅で今もこれで入力していますが、最高です。

あとはニンテンドースイッチで「マインクラフト」で遊んでいます。最近アップデートがあり、ニンテンドースイッチ専用バージョンだったのが各プラットフォーム共通バージョンに統合されました。
その結果、海に潜ると新しい生き物がいるなどの最新機能で遊べるようにはなりましたが、若干起動時に動作がもっさりするようになったと思います。
あと、子供たちがユーチューバーのゲーム実況動画にハマっており、ヒカキンやセイキン、ミラクルぐっちといったユーチューバーの動画経由でマインクラフト(略してマイクラ)情報を教えてくれるようになりましたが、お父さんそれ全部知ってるから!と思いながら「へーすごーい!」と聞いています。デジタルネイティブ世代の楽しみ方だなあと思いました。

minecraft.net

そんなこんなで辛い勤めで疲れた心を慰める物事を集めて頑張っていますが、今度はこれらを楽しむ時間の捻出が大変でむにゃむにゃという感じですヴァー。

では。

音楽CDを作成する環境について(2017年5月時点)

さて、なぜ今日はブログを書いているのかというと、とある合唱団のコンサートの録音から音楽CDを40枚ほど作成せねばならず待ち時間があるからなのですが、自宅のパソコン環境は過去から大きく変わっています。

以前はWindows XPのタワー型デスクトップパソコン、ノートパソコンを持っており、OSにバンドルされているライティングソフト(Easy CD Createrとか)でバンバン焼いていました。
が、Win XPのサポート終了以降これらの古いパソコンをインターネットにつなぐ事が憚られるようになって以降触る頻度が落ちてしまいました。
昨年にはWindows10が入ったIntel NUCという小型パソコンを買い、居間の液晶テレビに接続しています。

が、これには光学ドライブが付属しておらず、USB外付けドライブを付けて操作することになります。
まあCDは作れるのですが、外付けドライブは大抵スリムドライブで、持っているロジテック製の(LDR-PUD8U3LBK)もそれで、3.5インチのPC内蔵型のに比べて書き込み速度が遅かったり丈夫でない印象があってあまり大量にCD作成には向いていない気がするんですよね・・・。
タワー型PCに装着していたIDE接続のパイオニア製3.5インチDVDドライブ(DVR-116DBK)はあるのですが、IDE-USB変換ケーブルが無いとIntel NUCには接続できません。ケーブル買って来ようかな。

が、今回頼まれてしまったので(実は過去に頼まれてまだ作ってないのもあるんですが・・・)、以下の要領で作成しています。

  1. Windows Media Player(素のWindows10をインストールしておりバンドルされてるそれ系のソフトがないので)音楽ホールで録音した音源CD-Rからwav形式でパソコンに取り込む
  2. DigiOnSound5 Express for OLYMPUS」(オリンパスのリニアPCMレコーダー「LS-10」に付属していた音楽編集ソフト)で、演奏曲や場内アナウンス毎に切り出し、1トラック1ファイルとして保存
  3. Windows Media Playerで音楽CD作成
  4. imgBurnで音楽CDの内容をイメージファイル(.BIN)化
  5. imgBurnで必要枚数分のCDを作成(Windows Media Playerだと複数枚作成が出来ず一枚ずつ作成する必要がありかったるいので)

久しぶりだったので、imgBurnはCDが焼けたときに音楽が鳴るのを忘れてました。作成リクエストをキャンセルするのも面倒なので音量をオフにして作業中です・・・。あと、2枚組CDになるので同じことをもう一回しなくては。2枚目は明日だなー。

ところでLDR-PUD8U3LBKには書き込みソフトが付属していたみたいだけど、CDどっか行っちゃったみたいだな・・・。

では。

ブログの更新頻度が落ちる理由について

こちらのブログに記事を書く頻度が落ちている事は誰にも隠せはしないだろう(たどり着いたらいつも雨降り的な意味で)。

さて、ここ数年でブログの更新頻度が落ちてしまっているわけなのですが、理由を何となく考えると

  • twitterfacebookに書いてるから
  • 子供が出来て更新する時間が無くなったから
  • 思いついた事をすぐ書くことを控えるようになったから

あたりだと思われます。
一つ目についてはその通りなんですが、たまにまとめて書きたくなることがあるので、そうなるとやはりブログになります。
が、子供が出来た後の生活リズムだと、落ち着いて自宅で作業をできるのは子供が寝て、その後開始される家事がひと段落ついてからになります。
そこでの優先度は、ブログ更新というのはニンテンドースイッチやネット巡回より下がってしまっております。
あと、奥さんに見られながら日記を書く行為は非常に恥ずかしい。という事でなかなか書けなくなってしまっております。

さらに、これはmixifacebookといったSNSを使用してからですが、読む人を意識して書くようになったので、例えば「A課長のせいで仕事がつらい(あくまで例です)」とか「合唱団でむかついた出来事があった(あくまで例ですよ)」等は当事者が読んでいる可能性があるので書きづらくなりました。そしてそういう感じの記事は過去に結構あります。
ネガティブな気持ちがブログ更新のモチベーションになっていたんですなあ。

しかし、それで書かなくなるのは非常につまらないので、頑張って書かないと!と思い今日は書いてみました。

ところで近況ですが、ニンテンドースイッチの「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」にどっぷりハマっています。

2017年5月現在でもニンテンドースイッチは品薄で買いづらい状態みたいですが、個人的にスーパーファミコンの「神々のトライフォース」以来の「色々なことが出来てすごい!おもしろい!」という気持ちになっています。
ニンテンドウ64の「時のオカリナ」以降ほとんどプレイしていますが、Wiiの「スカイウォードソード」を途中で断念(奥さんと一緒にやってたが子供産まれてそれどころでなくなり中断)して以来しばらくゲームから離れていたのも良い効果だったのかもしれません。とても純粋な気持ちでプレイできています。

あと、本作のゼルダ姫がとてもいい感じです。「ガノンを封印する力が無くてリンクに嫉妬してるけどだんだん打ち解けてきたけど、王国が大ピンチになってリンクも負傷しちゃったところで力に目覚めてガノンを一人で封印して100年頑張ってる」とか、それは助けに行きますがな!と思いました(と言いつつゲーム内で寄り道しまくってるのですが)。

この後にはマインクラフトとスプラトゥーン2が控えているので、ニンテンドースイッチ稼働率は高そうです。

ではー。