読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋を掃除したら漫画が沢山出てきたので書く日記

漫画とか合唱とかUNIXとかLinuxとかについて書く日記です。

34歳無職さん(いけだたかし、メディアファクトリー)

漫画

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)


34歳無職さん 2 (フラッパーコミックス)

34歳無職さん 2 (フラッパーコミックス)


ネット上で自作のイラストや漫画を公開している人というのは結構おり、評判が上がると2ch等で話題になって一気に有名になっていったものでした(今もかもしれませんが)。今だとpixivというイラストや漫画の公開に特化したサービスがあるのでそちらばかり私も見ていますが、かつては2chで定期的に登場する「おもしろいweb漫画を上げるスレ」的なスレッドを眺めながら、まだ見ぬ面白い漫画を探しておりました。

そんな中見つけた面白いと思った漫画の一つが「34歳無職さん」(まだサイトがありますねー)という、訳あって会社を辞めて無職生活を満喫する30台女性の淡々とした生活が描写されるだけの漫画でした。他のweb漫画と比べて異色なこの漫画、大変気になっていたのですが、私が見つけたときには断片的にしか公開されておらず、残念だけど未完なんだろうなあ、と思っていました。2003〜2004年くらいの事であったと思います。

ところが、昨年2012年に単行本として発売されたのでした。驚いたのとともに、描いていたのは「いけだたかし」というプロの漫画家*1である事を初めて知って「プロになる人の作品は自ずと目立つものであるなあ」と思ったものでした。

さて、久しぶりに読んだ「34歳無職さん」ですが、断片的だったWEB漫画に比べ、当然ながら整理されており読みやすいです。まだ詳しく明かされていませんが、複雑な家庭環境もあるようです。

のんびりとした無職生活の日常描写が淡々と続きますが、ときおり挿入されるエピソードによって無職さん(便宜上こう呼ぶことにします)の事情が少しづつ明らかになってきます。再就職をして無職でなくなるのか、のんびりと続巻を待ちたいと思います。それにしても30代という妙齢な女性の日常生活を描く漫画というのは新鮮です。

では。

*1:web漫画として公開してたときにプロだったのかはわかりませんが